ブロック 購入でポイントを「貯める」ならAmazonより楽天 |

自分の子供にも小学校に上がったら、購入したいです。というわけで!怒っていようが八つ当たりしてようが!遠くから見守る母w掛け算割り算ができるようになった小学1年の娘に。全シリーズ購入するつもりです。

コスパ最強と噂の♪

2018年01月05日 ランキング上位商品↑

ブロック賢くなるパズル(四則初級) 計算ブロック たし算・ひき算 かけ算・わり算 宮本 [ 宮本哲也 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

もう少し量があるのを期待していましたが!仕方ありません。もうちょっとしたら再チャレンジさせます。縦4横4の合計16マスあるものが、マス1つ〜4つを太線で区分けされており、その区画の中の数字を全部+といくつ、とか −といくつ、×といくつ、÷といくつ、という答えを出すキーが書かれていて、それをヒントに解き進めて行くようになっています。内容的にもただの計算ではなく!考える能力を必要とされるものであり!個人的にはおすすめです。もともとは楽天のポイントを有効に消化する為!子供のドリルを買ってあげようかな? 楽しくゲーム感覚で学べるドリルは無いかな〜〜〜???・・・と!探していて!見つけたのがこのドリルのシリーズ!!!パズル感覚でゲームみたいに学習できて子供も楽しめるし!通常の計算ではなく!色んな角度から思考をめぐらせて解いていくので!柔軟な思考感覚が磨けて!なかなかGoodです〜〜〜!!! 期待し過ぎだけど!右脳がどんどん磨かれて!瞬時に答えを閃くようになってくれると良いのにな〜〜〜!!!( ゚ー^)vちなみに!先ず手始めに簡単なのから順番に!全て制覇させようと“たし算初級”から購入し!どんどん追加購入中〜〜〜!!!あとレビューで!初級は簡単すぎたから・・・とか!書いておられる方がかなり居られますが!僕的には最初に簡単なものから基礎をしっかり確実に!徐々に難しいものをさせていくほうが!子供の為にはなるかなと・・・。子供がすごい勢いて問題を解いていくので!親バカ&大人買いしています。いいパズルですね。どうして賢くなるのかを考えたのですが、条件を把握して数字を当てはるめて行くことで、条件把握をし問題を解決をする力が養われると思います。賢くなるパズルシリーズにはまっている息子へプレゼントしました。喜んで取り組んでいます。今まで同シリーズの数字ブロック!足し算!てんびんをやりましたが!一番面白いそうです。勉強用ドリルをプレゼントして、小躍りして喜ばれたのは初めてです小3の子供用に買いました。わり算まで習ったら使えそうです。賢くなるパズルを入門編→基礎編→数字ブロック編→四則演算とシリーズ買い揃え中。掛け算・割り算を覚えたら、いい勉強になると感じました。この力は仕事をする上でも必要な力なので、大人の方にもお勧めです。とのこと。後半は少し難しく!すぐには解けない問題が出てきて!それをクリアした瞬間に!「賢くなった」と感じるみたいです。これと鉄腕なぞぺーを自ら進んでやっています。それに勉強って、特に行き詰った時、基礎の反復学習で身に付いたことが、何気に最後にものを言いますからね〜〜〜。今度は、姪に購入。まだ割り算はならっていないので不安だったのですが!初級なので何とか解けているようです。このシリーズ初めての購入です。とくになにもやらせてないのでこんなもんですかね。以前!自分の子供が小学生の時に買いました。本人いわく!簡単ではないけど難しすぎなくて良い。小学4年からかな?小学4年生の友達の子供に誕生日にプレゼントしました。親としても付きっきりで見なくて良いのは助かります。初級でも8級のページになると「おっ」と思うとこともあるので!初級→中級→上級と解き進めるといいと思います。今年2年生になる息子に買いましたが、ちょっと難しいみたいでした。四則というので!難しいかなぁ?と思いましたが!マスにきちんと「+」「−」「×」「÷」の表記があるので(初級だからかな?)それほどでもなさそうです。とても喜んでもらえました。4年の夏から毎朝1枚やっています。まだ初めていませんが、割り算の筆算でつまずいている小4のうちの息子、これで数字を楽しめる様になってくれると良いな〜、と期待しています。楽しんでやっているので続けさせる第一歩としては良いと思います。初級のこちらは縦4ます×横4ますの中に1〜4までの数字をそれぞれの列に1つずつ埋めていく!というものでした。 賢くなるかは別として集中して取り組めるのが何よりです。賢くなるパズルは(入門編!入門編2!基礎編!たし算初級!掛け算初級)とやってきて6冊目ですが!ナンノカンの言いながら楽しいようです。(*^^)vあと、前回も書いたけど、反復学習を狙って同じ問題が表裏に有るのかと思うのですが、これ、再復習に使うか、上の子の使った後は、数年後に下の子が・・・と、いう使い方をするしかないんだけど、本音を言えば、裏表違う問題にしてボリュームを増やしてもらったほうが、嬉しかったんだけど・・・。遊び感覚でこのシリーズをやらせています。